円の当たり判定で色々試してみる

基本の当たり判定と言えば矩形の当たり判定と円の当たり判定があります。ほかにも色々な方法があるようですがここからは数学が分からないと厳しい領域に入ってきます。数学をちゃんと勉強しないとこれ以上先に進めない壁がここにあります(;’∀’)

と、まぁ確かにすべてを自分一人で作ろうとすると数学は必須になるわけですが今は他人が作ってくれたプログラムを利用すればわからなくても何とかできてしまう時代。。

しかし!やはり出来る限り一人の力で作って

「全部俺様一人でつくったぞ!」ドヤァ

と言いたい!!

そんなわけで、たとえ矩形と円の当たり判定しかできなくても工夫次第でもうちょっと複雑なこと出来るように挑戦しようぜ!!っていうことです。

おさらい

矩形の当たり判定は単純にキャラのx・y座標と幅・高さを使ってお互いの位置が重なっているかをチェックします。

円の当たり判定はキャラ同士の距離がキャラの半径の和より小さくなると当たったとなります。

この辺はググればいくらでも情報があるのでわからない人はググってください(^^;)

問題はここから。これ以上先の当たり判定はググっても数学が分かる前提で書いてあるのでわからん奴にはさっぱりわからん(´;ω;`)

しかし、ここからがたとえ学が無くても出来る男の本領発揮!

当たり判定を二つ使う

矩形と円は出来た。しかし他の形はどうしていいのかわからん。。

なんかいい方法はないだろうか、と考えて閃いたのが当たり判定を二つ使う方法。これが単純だけど効果的。

例えば円と線を組み合わせて

かまぼこ型の当たり判定を作ることができる(赤いところが当たる範囲)。円の当たり判定では当たっていてもある位置より下の場合は当たっていない、て書けば出来る。

もう一つ、円を二つ使ってみると

こんな形のも出来る(赤いところが当たる範囲)。

これを上手く使えば例えばこんな形の障害物が

横からニョキっと出てくるのがつくれたりするわけですよ。

すごくね?(*´ω`)

もちろん画像の動きと合致するように当たり判定も動かさないといけないから大変だけどね。

でもシューティングゲームでこういうの出来たらかなりプロっぽくない?

まとめ

というわけで数学がわからなくても努力と根性とアイデアで何とかなるわけです(*´ω`)

出来ないなら、わからないなら、出来る範囲で考える!

諦めちゃだめです(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。