【ランゲー】秘密警察ギャボリン第2話

オリジナルゲーム「秘密警察ギャボリン」の第2作目。今回はランゲーに挑戦。しかし、ただ走ってジャンプするだけでは能がないのでそれなりにオリジナルな要素を入れて頑張ってみたぞ!


ストーリー

平和な街に乙女の悲鳴が!!

学校帰りの女子高生のカバンを狙った変態ひったくりヤローが出現!!!

ヒーロー・ギャボリンが正義の鉄槌を下す!!(超適当)

遊び方

キーボードの矢印キーまたは画面下にあるボタンで操作します。

  • ↑・・ジャンプ。押す長さで高さが変わります
  • →・・ダッシュ。押している間加速します(基本押しっぱなしでOK)
  • ↓・・スライディング

こんだけです。ただし、ジャンプやスライディングはスピードが落ちます。さらに障害物に当たるとスピードは最低に戻ります。

画面下にある白のドットがギャボリン、赤のドットがひったくり犯です。離れすぎると見失うので気をつけましょう

作った感想

このゲームの制作過程では色々な発見がありました。

まず一番大きな発見がボタンの同時押し。このゲームを作るまではブラウザでは2か所同時押しには反応しないものだと思い込んでいました。なので最初は加速とジャンプ・スライディングは別々に押さなければいけないと思っていました。

ところがスマホで遊んでみると同時押しに反応するではないか!!まさかの発見に歓喜したのであります( `ー´)ノそしてここからゲームボーイ風キーパッド作成へとつながっていくのであります。

で、あとはこのゲームでは大きさの違うキャラ(障害物)を出すために表示するスプライトのオブジェクトの追加・削除が出現・消失のたびに行われるように作ったんですが、これはどうやらスマホには負担が大きすぎるようだということもわかりました。

スマホではスプライトは削除せず、不要なときは画面外に置いておいて必要な時に画面内に出して使うやり方の方が確実に処理が速い。大きな画像を使いたい場合は複数組み合わせて使うやり方を考えた方が良いようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。