いんわんのブログ

車輪の再発明したっていいじゃない

ゲームを作っていてよく聞く言葉に「車輪の再発明はするな」っていうのがあります。

 

「車輪の再発明」とはすでにある技術を知らずに(または意図的に無視して)一から作ることを意味します(wikipedia参照)。

 

たしかにすでに技術が確立していてそれを無料で使える状態になっているのならば使った方が良い。

目的達成のために最短の道になるようにあるものを賢く使っていくのは正しいと思います。

 

目的が成果物だけであればそれで良いと思います。

 

だけどそうじゃない人間がいるんですよ!

 

分かっているのよ!

だいたいそういうものがあるのは知ってるんですよ。

すでに見たことも触ったこともあるわけです。

 

でも、たとえそれのプログラムが無料で使えるものがあって効率良く出来るとしても気になるんですよ。

「どうやってるんだろう?」って。

 

やっぱり気になるんですよ。

 

気になるなら調べれば良いだけの話ですが、

 

自分なりに考えてやってみたい!!

 

なんて思ったりもしてしまうわけです。

 

好奇心こそ最強のモチベーション!!

 

自分で作ると勉強になる

プログラムで何か作りたいならやっぱり自分のプログラミング技術も高めていくことが大事です。

 

自分で作ってみようと思うと知らないことがわんさかと出てきます。

もう全然わかんないことだらけ。

 

でも「どうなってんの?」って好奇心があれば調べたり研究したり試したり、わかんないことに立ち向かえるんですよね。

 

そうやって知らないことに挑戦してると知識も技術も少しずつ増えてきます。

できることも増えてきます。

 

プログラミングしてて「できることが増える」ことが一番楽しいことだと私は思います。

 

再発明とか関係ないんですよ。

 

「俺が作った」って言いたい

ていうかね、正直自分でゲーム作ってるんだから「全部俺が作った」って言いたい(笑)。

 

自分が好きでゲーム作ってるんだから全部自作してこそ「俺が作ったゲーム」。

 

例えば料理が趣味と言ってる人がいて、でも味付けは全部市販のソースだったら

「本当に料理が趣味か?」

って思うでしょ?

 

仕事じゃないなら「全部俺」を目指してもいいじゃない。

 

プログラムは楽しい

仕事で締め切りでもない限り最短の道を行く必要なんてないと思います。

だったら無駄なことでも楽しんだ方がいいんですよ。

 

ひょっとしたら再発明の開発中に何かに気づいて「本当の発明」があるかもしれないしね!(まぁ無いだろうけど。。)

 

再発明とかどうでもいいんですよ。

作りたいと思ったら作るのが一番です。

 

関連記事