秘密警察ギャボリン第1話

今回は「秘密警察ギャボリン第1話」の紹介です。ギャボリンは私が考えたおっさんヒーローです。全然カッコ良くないし、強そうでもない。。だけどなんだかとても愛らしい。そんなおっさんヒーローのアホな物語の記念すべき第一回目です

ギャボリンとは?

ギャボリンは正義の味方である。しかし、その正体は誰も知らない。唯一わかっていることは「おっさん」だということ。

ギャボリンに変身すると強いらしい。具体的にはわからないがとにかく強い、ということになっている。

ギャボリンのヒーロースーツには秘密がいっぱい隠されている。見た目が毎回違うのはどうやらヒーロースーツの影響らしいぞ(大ウソ)

「体は子供、頭脳はアレ」などっかのマンガの主人公みたいに事件に遭遇するらしい。そのたびに熱い心のギャボリンは戦いにでる。

「男とはそういうものさ・・」と彼の背中は語っている。。

ゲームのあらすじ

平和な生活を送る市民のお茶の間の主役であるテレビの電波が突然ジャックされた!!

謎のテロリストによる「爆弾を仕掛けた」宣言

突然の恐怖にパニックとなった東京を救うべく一人の男が立ち上がる!

 行け!ギャボリン!

ギャボリンの孤独な闘いが今はじまる!!パパラパラー(テーマソング的な何か)

ゲームの遊び方

テロリストが仕掛けた時限装置を破壊することが目的です。時限装置の周りには防衛装置が配備されており近づくことが出来なくなっています。なので動いている防衛装置の合間を狙って時限装置を撃破しましょう!!

ゲームは全部で39ステージあります。最後の数ステージの難易度はけっこう高いので頑張ってください。確実に当てられるタイミングがあるのでそれを見つけてください。

39ステージクリアすると感動のエンディングが待っています!!

制作のはなし

このゲームは開発初期に作ったタイミング射的をベースにしています。

ゲームの基本部分はタイミング射的のものをそのまま使っています。なのでこれも「えぴそーど0」のときと同様イベントシーンと音を付け加えて完成させました。

タイミング射的に関しては影響を受けたゲームがあります。

このcore ballのようなシンプルで面白いゲームができないだろうか?と考えて作ったものがタイミング射的でした。

実際タイミング射的自体もシンプルで、個人的にはこれだけでもアプリとして開発すれば売れるんじゃね?と思いました。ただ、これはステージを作るのが結構大変で。。(;´・ω・)それで途中で放置してたんです(^^;)

それでえぴそーど0を作ったあと、これもストーリーを加えて復活させてやろう!、ということになりました。

プログラムに関して

プログラム的に苦労した点としては、各ステージの玉の動きをどう扱うか?っていうところだったかと思います。単純に連想配列を使ってパターンを管理するようにしましたがこの辺のデータの扱い方については勉強が必要だと思いました。

その後のゲームの開発でも経験してわかってきたことなんですが、こういったデータの設計や管理がゲーム制作では重要になってくるようです。

作った感想

タイミング射的は自分の作ったゲームの中では一番よくできているゲームだと思っています。それをベースにして作ったこのゲームは間違いなく今の時点の私の最高傑作だと思います。

ついでに言うとイベントシーンの絵も無駄に力が入っていて、特にエンディング部分は結構時間をかけて丁寧に書きました。そういった面でも愛着のあるゲームです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です